デジタルハーツ、ネット選挙対策に向け Yahoo! JAPAN と協業|2013|ニュース|携帯電話、ゲーム、ソフトウェアの検証・デバッグのスペシャリスト株式会社デジタルハーツ

ニュース

Top > ニュース > 2013 > デジタルハーツ、ネット選挙対策に向け Yahoo! JAPAN と協業

デジタルハーツ、ネット選挙対策に向け Yahoo! JAPAN と協業


平成25年5月13日

 

 

デジタルハーツ、ネット選挙対策に向けYahoo!JAPANと協業
~政治家ホームページ“のっとり”を防ぐセキュリティサポートを協同開発~

 

 

株式会社デジタルハーツ(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長CEO:宮澤 栄一、東証第一部:証券コード3620、以下、デジタルハーツ)は、ヤフー株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長宮坂 学、以下、Yahoo!JAPAN)と協業のもと、政治家ホームページなどの“のっとり”を防止する「サイバーセキュリティサポート」の提供を開始いたします。

 

公職選挙法の改正に伴い、2013年夏の参議院議員通常選挙からインターネットを利用した選挙運動が解禁されることになりました。これにより、政党や政治家のインターネットを通じた情報発信機会が活発になるとともに、情報資産の信頼性を維持することがこれまで以上に求められています。

 

「サイバーセキュリティサポート」とは、選挙候補者、国会議員及び政党を対象に、ホームページのセキュリティホールの有無及び外部侵入による情報漏洩の可能性(脆弱性)を調査するとともに、セキュリティについて存在する課題を抽出し、「テクニカルレポート」としてお客様へ調査結果を明示するサービスです。

 

この度の協業は、広く「サイバーセキュリティサポート」を提供することで、安心なネット選挙運動を支援し、有権者へ信頼できる情報を届けることを目的としています。また今後、Yahoo!JAPANと共同で新たなサービス開発にも取り組み、お客様にとって有益な政治情報を提供し、特に有権者には選挙に関わる幅広い情報を基に候補者を選んでいただけるよう、サービスの充実を図って参ります。

 

デジタルハーツは、ソフトウェアの不具合を検出するデバッグ事業を中心として国内外で事業を拡大するとともに、平成25年4月1日にはサイバーセキュリティに関する専門集団を結成し新たなサービス展開を推進するなど、デバッグで培ったノウハウを基に多様な新規サービスの開発にも積極的に取り組んでおります。

 

デジタルハーツは、今後も、デジタル社会の需要を捉えた新サービスの開発に積極的に取り組み、より一層、企業及び消費者に対する安全性の確保に貢献することで、企業価値の向上に努めて参ります。

 

 

 

 

2013年

ニュース

プライバシーポリシー | サイトポリシー