デジタルハーツ、京都Lab.(ラボ)を移転し増床|2013年|ニュース|携帯電話、ゲーム、ソフトウェアの検証・デバッグのスペシャリスト株式会社デジタルハーツ

ニュース

Top > ニュース > 2013年 > デジタルハーツ、京都Lab.(ラボ)を移転し増床

デジタルハーツ、京都Lab.(ラボ)を移転し増床


平成25年6月18日

 

 

デジタルハーツ、京都Lab.(ラボ)を移転し増床
~需要増加に伴い受注体制を約2倍の規模に拡充~ 

 

株式会社デジタルハーツ(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長CEO:宮澤 栄一、東証第一部:証券コード3620、以下、デジタルハーツ)は、受注増加に伴うサービス提供体制の強化とともに、クライアントのニーズによりスピーディかつ柔軟に対応することを目的とし、平成25年7月に京都Lab.(ラボ)を移転し、増床いたします。

 

デジタルハーツは、主にコンシューマゲーム・モバイルコンテンツ・アミューズメント機器を対象に、ユーザー目線による動作テストを通じて不具合を検出・報告する「ユーザーデバッグサービス」を提供しております。

先般、デバッグ需要のさらなる増加への対応及び新サービスである「サイバーセキュリティサービス」の提供体制の増強を目的に、笹塚Lab.(ラボ)を増床いたしましたが、この度、コンシューマゲーム関連の受注増加が見込まれることより、京都Lab.(ラボ)においてもさらなる充実を図るため、京都Lab.(ラボ)を移転し増床することといたしました。

この度の移転により、京都Lab.(ラボ)は、これまでの2倍以上の規模を有することとなります。

 

デジタルハーツでは、今後もクライアント様のご要望にスピーディに対応するとともに、より高品質かつ顧客満足度の高いサービスの提供に努めて参ります。

 

 

 

 

2013年

ニュース

プライバシーポリシー | サイトポリシー