VRコンテンツ専属デバッグチームを結成 ~VR関連デバッグサービスの提供体制を強化~|2016年|ニュース|携帯電話、ゲーム、ソフトウェアの検証・デバッグのスペシャリスト株式会社デジタルハーツ

ニュース

Top > ニュース > 2016年 > VRコンテンツ専属デバッグチームを結成 ~VR関連デバッグサービスの提供体制を強化~

VRコンテンツ専属デバッグチームを結成 ~VR関連デバッグサービスの提供体制を強化~


 株式会社デジタルハーツはこの度、今後さらなる増加が見込まれるバーチャルリアリティ(以下、「VR」)関連のデバッグサービスの提供体制を強化するため、VRコンテンツ専属デバッグチームを結成いたしますので、お知らせいたします。 

 

 デジタルハーツは、主にコンシューマゲーム・モバイルコンテンツ・アミューズメント機器を対象に、ユーザー目線による動作テストを通じて不具合を検出・報告するデバッグサービスを提供することで、顧客企業における高品質な製品開発を支援しています。

 昨今、VR(仮想現実)技術の実用化が加速しており、航空、医療などの専門的な分野に加え、ゲーム、映画、観光など人々の生活に身近な分野においても活用が進んでおり、その市場規模は、2020年には8兆円を超える規模にまで成長すると予測(※)されております。

特にゲーム業界においては、相次いでVRヘッドマウントディスプレイが製品化され、平成28年10月には「PlayStation® VR」の発売も予定されており、年内で50以上のタイトルを発売予定であることから、そのVRコンテンツの開発にも期待が寄せられております。

 このような状況のもと、VRコンテンツの開発においては、品質の低いコンテンツではユーザー体験の質の低下や不快感、VR酔いといった現象を引き起こすため、高品質なコンテンツ開発が必要不可欠であり、これにより、デバッグの重要性が高まるとともに、その需要が拡大しております。

デジタルハーツでは、既に一部のVRコンテンツに対しデバッグサービスの提供実績を積んで参りましたが、VRコンテンツ向けのデバッグにおいては、多数のユーザーテスト及び遮断された環境下における画面の奥行や重なり、動作スピード、音響等、全ての要素における検証が必要となるため、難易度が高く、工数が増大する傾向にあります。

 このため、デジタルハーツでは、今後本格的に増加が見込まれるVRコンテンツのデバッグ需要を見据え、サービス提供体制を強化することを目的に、検証端末の整備に加え、VRコンテンツ向けのデバッグにおける専門知識、ノウハウの蓄積とともに、業界内での連携を通じた最新技術の研究及び人材育成を行うVRコンテンツ専属デバッグチームを結成することといたしました。また、これらのビジネス機会を最大化するため、営業活動の強化及び新サービス開発にも積極的に取り組んで参ります。

 

 当社グループは、今後も、これまで培ってきた独自のノウハウや強みを活かし、新たな産業の創造及び競争力の強化に努めるとともに、高品質な製品開発を支援することで、企業価値のさらなる向上を目指して参ります。

 

※     出典:TrendForce Forecasts VR Market Value to Hit US$70 Billion in 2020 as Innovative Apps Enrich This Industry

 

■    デジタルハーツ協賛  Japan VR Summit ■

デジタルハーツは、国内のVR市場の拡大を目的とした国内初の大型VRカンファレンス「Japan VR Summit」に協賛しております。

カンファレンス詳細はこちらをご覧ください。

 

 

【本サービスに関する問い合わせ先】

株式会社デジタルハーツ 経営戦略室筒井

電話:03-3379-2053 (月~金:10時~19時/土日祝:休日)

news

ニュース

プライバシーポリシー | サイトポリシー