デジタルハーツ、独自の正社員登用制度「業務正社員制度」を新たに導入|2015年|ニュース|携帯電話、ゲーム、ソフトウェアの検証・デバッグのスペシャリスト株式会社デジタルハーツ

ニュース

Top > ニュース > 2015年 > デジタルハーツ、独自の正社員登用制度「業務正社員制度」を新たに導入

デジタルハーツ、独自の正社員登用制度「業務正社員制度」を新たに導入


  株式会社デジタルハーツは、デバッグ業務を行うテスターを対象とした独自の正社員登用制度「業務正社員制度」を平成27年6月1日より新たに導入いたします。

 

 当社は、ソフトウェアの不具合をユーザー目線による動作テストを通じて検出・報告する「ユーザーデバッグサービス」を主に提供しております。

 

 昨今、デバイスの多様化やソフトウェアの複雑化を背景に、メーカーや開発会社におけるデバッグ工程のアウトソーシングが加速していることから、デジタルハーツでは、これらの拡大するデバッグ需要に柔軟に対応するとともに、高品質なサービスを継続的に提供することを目的として、デバッグの作業拠点であるLab.(ラボ)を国内に13拠点展開しテスターの積極的な採用に努め、さらに、意欲的で能力の高いテスターに対し正社員への転換を促進するキャリアパス制度を運用するなど、優秀な人材の確保及び中長期的な人材育成に積極的に取り組んで参りました。

 

 デジタルハーツではこの度、これらの取り組みをさらに強化するため、デバッグ専門職を各拠点専属の正社員として雇用する「業務正社員制度」を新たに導入し、100名を超えるテスターを有期雇用から無期雇用である「業務正社員」として登用いたします。

 本制度の導入により、キャリアアップを目指す意欲の高いテスター人材を安定的に確保するとともに、各地域における事業活動を踏まえた中長期的な戦略をもとにデバッグ管理者の育成を図り、デバッグノウハウを集積することで、高度化・多様化する顧客ニーズに対し、これまで以上に迅速かつ柔軟に対応できる高品質なサービスの提供に努めて参ります。 

 

 デジタルハーツは今後も、雇用の創出及び人材育成に積極的に取り組み、高品質なサービスを提供することで、持続的な成長を実現して参ります。

2015年

ニュース

プライバシーポリシー | サイトポリシー