ワンダーリーグ社協賛による社内 eスポーツイベント「デジタルハーツ杯」開催|2015年|ニュース|携帯電話、ゲーム、ソフトウェアの検証・デバッグのスペシャリスト株式会社デジタルハーツ

ニュース

Top > ニュース > 2015年 > ワンダーリーグ社協賛による社内 eスポーツイベント「デジタルハーツ杯」開催

ワンダーリーグ社協賛による社内 eスポーツイベント「デジタルハーツ杯」開催


株式会社デジタルハーツは株式会社ワンダーリーグとeスポーツの普及・発展のために相互協力することで合意し、両社の共同プロジェクト第1弾として、ワンダーリーグ社協賛によるデジタルハーツ社内向けeスポーツイベント「デジタルハーツ杯」を開催いたします。

 

 

当社は、コンシューマゲーム、モバイルコンテンツ、アミューズメント機器等を対象にユーザーデバッグサービスを提供することで、ゲームをはじめとするエンターテインメント業界の発展に貢献して参りました。

 

昨今、世界各国において、コンピュータゲームやビデオゲームをスポーツ・競技として捉える「eスポーツ」への関心が高まっており、その市場規模は、平成30年には現在の約3倍の900億円を超える規模にまで成長すると見込まれております(※Newzoo調べ)。すでに海外では、億単位の高額賞金をかけた大会が開催されワールドワイドな人気を獲得するとともに、日本においても、世界大会の予選開催や企業と契約して活動するプロフェッショナルゲーマーやプロチームを持つ企業が誕生するなど、注目されてきております。

この流れを受け、当社では、デバッグ業務を行うテスターの中から選抜したメンバーでチームを結成し社会人向けeスポーツ大会へ参加するなど、eスポーツの普及・発展にも積極的に努めており、この度、その一環として、モバイルeスポーツアプリ「ワンダーリーグ」を提供しているワンダーリーグ社の協賛のもと、社内向けeスポーツイベント「デジタルハーツ杯」を開催することといたしました。

 

当社は、今後もユーザーデバッグサービスの提供に注力するとともに、このような活動を通じ、eスポーツやゲームをはじめとしたエンターテインメント業界の発展に努めて参ります。

 

■デジタルハーツ杯について

 開催期間:平成27年11月24日(火)~平成27年11月30日(月)

参加対象者:当社の8,000名を超える登録スタッフ

 賞金総額:10万円

 

■株式会社ワンダーリーグについて

 

株式会社ワンダーリーグは、昨今世界的に注目を集めるe-Sportsをスマホゲームで実現することを目指し、モバイルeスポーツ・アプリ「ワンダーリーグ」を提供しており、すでに2万人を超える参加者に対し200回以上の賞金イベントを実施するなどの実績を有しております。

 

2015年

ニュース

プライバシーポリシー | サイトポリシー