デジタルハーツ、自動車走行テストの稼動テスター数が500名を突破|2016年|ニュース|携帯電話、ゲーム、ソフトウェアの検証・デバッグのスペシャリスト株式会社デジタルハーツ

ニュース

Top > ニュース > 2016年 > デジタルハーツ、自動車走行テストの稼動テスター数が500名を突破

デジタルハーツ、自動車走行テストの稼動テスター数が500名を突破


 株式会社デジタルハーツ(以下、「デジタルハーツ」)は、親会社ハーツユナイテッドグループと株式会社ZMPとの合弁会社である株式会社ZEGを通じて、自動車業界向けのデバッグ及びデータ収集等実験代行に関するサービスを提供しており、サービス提供開始から約1年半で早くもその走行テストにおいて稼動したテスター数が延べ500名を超えましたので、お知らせいたします。

 

 デジタルハーツは、カーナビ等のソフトウェアの単体検証やスマートフォンと車との接続検証等、自動車と関連するソフトウェアの検証をはじめ、昨今では、株式会社ZEGを通じて自動車業界向けのデバッグ及びデータ収集等実験代行に関するサービスを提供しており、大手自動車メーカーや大手半導体メーカー等とも取引を開始するとともに、昨今では自動運転車を対象とした案件を受注するなど、その実績を着実に積んで参りました。

 近年、自動車関連メーカーは相次いで新たなデジタルサービスや自動運転機能を発表するなど、その技術開発はますます加速するとともに、自動車業界以外のITや通信、保険、物流等の産業においてもコネクテッド・カー※の広がりによるビジネス機会の拡大を目的とした自動車業界への参入が注目されております。

 このため、これまで社内検証が慣習化されていた自動車業界においても、多様な目的のための手段として、デバッグ及びデータ収集等のアウトソースニーズが顕在化するとともにその利活用が進んでおります。

デジタルハーツでは、厳格なセキュリティのもと全国各地で対応が可能な国内最大規模の8,000名を超える人材とその柔軟なオペレーション体制を基に、株式会社ZEGを通じ、これまで、一般道、市街地、高速道路といった日本全国にわたる公道における走行テストを実施し、さらに、若年層から高齢者まで多種多様なユーザーを想定するために、年齢、性別等の条件を特定したテスターによる走行テスト等、顧客ニーズに柔軟に対応をしたサービスを提供して参りました。

 その結果、その走行テストにおいて稼動したテスター数は延べ500名を超えるなど、登録テスターにおいては、自動車に精通した人材が増加傾向にあり、人材の育成、確保及びノウハウを蓄積することで、自動車関連のデバッグに対する競争力を強化して参りました。

 

 当社グループは、需要拡大が見込まれる自動車業界向けのデバッグ及びデータ収集ニーズに柔軟に対応することでそのノウハウを着実に蓄積し、自動車の品質向上を支える当社独自の基盤を創造するとともに、今後も安全で楽しく便利な自動車社会の創造に貢献することを目指して参ります。

 

※ICT端末としての機能を有する自動車。ITと自動車が融合した新しい車の概念。

 

【本件に関する問い合わせ先】 

株式会社デジタルハーツ 経営戦略室 筒井

電話:03-3379-2053(月~金:9時半~18時半/土日祝:休日)  

news

ニュース

プライバシーポリシー | サイトポリシー