「PlayStation®VR」向けタイトルのデバッグ案件受注10件を突破 ~デジタルハーツを中心に積極的にサービスを展開~|2016年|ニュース|携帯電話、ゲーム、ソフトウェアの検証・デバッグのスペシャリスト株式会社デジタルハーツ

ニュース

Top > ニュース > 2016年 > 「PlayStation®VR」向けタイトルのデバッグ案件受注10件を突破 ~デジタルハーツを中心に積極的にサービスを展開~

「PlayStation®VR」向けタイトルのデバッグ案件受注10件を突破 ~デジタルハーツを中心に積極的にサービスを展開~


 デバッグ事業を行う株式会社デジタルハーツ(代表取締役社長 CEO:山本純)及び当社のグループ会社(以下、当社グループ)は、この度、「PlayStation®VR」向けタイトルのデバッグ案件の受注が10件を突破いたしましたので、お知らせいたします。

 

 昨今、VR(仮想現実)技術の実用化が加速しており、その市場規模は、平成32年には8兆円を超える規模にまで成長すると予測※されるなど、今後の盛り上がりが期待されております。特に、平成28年は「VR元年」と称されるなど、相次いでVRヘッドマウントディスプレイが製品化され、その普及が進むとともに、ゲーム業界においては、全世界累計実売4,000万台を超える家庭用ゲーム機器「PlayStation®4」と接続しVR環境を実現する「PlayStation®VR」が平成28年10月に発売予定であることから、ゲーム市場の新たな発展が期待されております。

 このような状況のもと、当社グループでは、今後増加が見込まれるVRコンテンツのデバッグ需要に備え、いち早くVRコンテンツ専属デバッグチームを結成し、サービス提供実績を積むとともに、「VR酔い」等のVRコンテンツ特有の技術・ノウハウに関する研究を進め、平成28年8月には抽象的な概念であった「酔いやすさ」の定量化を実現する「VR酔いスコアリングサービス」の提供を開始するなど、顧客ニーズに対応した付加価値の高いサービスの開発及び提供に取り組んで参りました。

 

この度、「PlayStation®VR」の発売に向け、そのコンテンツ開発が活発化していることを背景に、当社グループのこれまでの取り組みが奏功し、「PlayStation®VR」向けのゲームタイトルのデバッグの収益機会が拡大し、その受注案件が10件を突破いたしました。

 

PlayStation® VR」は、その発売に先駆けた先行予約において予約完売が相次ぐなど、発売前から大きな注目を集めていることから、今後も引き続きタイトルの開発が加速すると見込まれており、当社グループでは、さらなる案件の獲得に注力して参ります。 

 

※TrendForce調べ

(※)各社の会社名、サービス・製品名は各社の商標または登録商標です。

 

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社デジタルハーツ 経営戦略室 筒井
電話:03-3379-2053(月~金:9時半~18時半/土日祝:休日)

 

news

ニュース

プライバシーポリシー | サイトポリシー