デジタルハーツ、エフセキュアとセキュリティ分野における協業に合意|2017年|ニュース|携帯電話、ゲーム、ソフトウェアの検証・デバッグのスペシャリスト株式会社デジタルハーツ

ニュース

Top > ニュース > 2017年 > デジタルハーツ、エフセキュアとセキュリティ分野における協業に合意

デジタルハーツ、エフセキュアとセキュリティ分野における協業に合意


 株式会社デジタルハーツ (以下、「デジタルハーツ」)はシステムテスト事業を展開する中で、既に脆弱性診断などセキュリティ分野のサービス提供でも多数の実績を積み上げておりますが、近年のサイバー攻撃の多様化、サイバーセキュリティ対策の必要性の高まりを受け、今後セキュリティ分野でのシステムテスト事業並びにその他関連事業を一層強化・拡大して参ります。

 従前は、セキュリティ分野において主としてオープンソースのソフトウェア活用とデジタルハーツの外部協力会社の活用によってサービスを提供しておりましたが、今後拡大するマーケットと多様なアウトソーシングニーズに応えるため、この度、30年近くに亘って、世界中のユーザーをデジタル社会におけるサイバー攻撃の脅威から守り続けてきたセキュリティ分野の世界的リーダーである、エフセキュア株式会社(本社所在地:東京都港区、カントリーマネジャ キース・マーティン、以下、「エフセキュア」)※と協業し、同社のセキュリティ製品にデジタルハーツの豊富な人材を効果的に組み合わせることで、デジタルハーツのセキュリティ分野でのシステムテスト事業並びにその他関連事業を強化・拡大していくことに合意いたしました。

 

 1.本協業における各社の役割

 デジタルハーツは、当社の豊富な人材とエフセキュアの製品を効果的に組み合わせて、顧客企業にセキュリティソリューションサービスを提供いたします。

 一方、エフセキュアは同社が開発・販売しているセキュリティ製品のライセンス提供及びテクニカルサポートをデジタルハーツに提供します。

 両社の協業により、デジタルハーツのセキュリティ分野でのサービスを拡充するとともに、サービス品質の向上を実現いたします。

 

2.本協業における具体的な取り組み

 昨今、標的型攻撃メール、ランサムウェア、マルウェア等のサイバー攻撃の脅威は増大しており、これらの脅威を予測してマッピングすることが、サイバー攻撃の脅威に対する対応の最善策となっております。この点において、エフセキュアの脆弱性管理ソリューションは非常に有用性が高いものであります。

 そこで、今回の協業の取り組みの第1弾として、内部脆弱性診断に強みを有するF-Secure Radarを活用した脆弱性診断サービスの提供を開始(当該サービスは、2017年11月中旬より提供開始予定です。)することを決定いたしました。

 F-Secure Radarは、高度な技術と脆弱性管理に関するセキュリティ専門家の知見を組み合わせたソリューションであり、組織の脆弱な資産を識別し、各ネットワークコンポーネントの潜在的な脆弱性をスキャンすることで、攻撃対象領域を極小化することにより、リスクを低減することが可能です。

 当該サービスは、ネットワークインフラやアプリケーション開発に知見を持ち、システムの脆弱性をトータルで管理出来るようなセキュリティ人員が不足している会社や脆弱性を効果的に管理するための時間を割くことができない会社に対して、エフセキュアのパートナーであるデジタルハーツが支援を行うものであり、顧客企業の社内ネットワークの各レイヤーにおけるセキュリティの向上及び脆弱性管理に対する知見やセキュリティ人員の不足の解消に貢献できるサービスです。

 また、当該サービスは高品質なサービスをリーズナブルな価格で提供することを実現したものであり、費用対効果も高いサービスであると確信しています。

 顧客企業は、F-Secure Radarを活用したデジタルハーツの脆弱性診断サービスを受けることで、組織の攻撃対象領域を集約した形でマッピング・可視化することができ、特に企業の情報セキュリティ管理者は、セキュリティに関するコンプライアンスの強化・維持を図ることが可能となります。

 

 今回の協業に関し、エフセキュアのカントリーマネジャ キース・マーティン様より今回の協業における期待として以下のコメントをいただいております。

 「デジタルハーツが提供するF-Secure Radarを使用した脆弱性診断サービスは、リーズナブルな価格で適切に実行された脆弱性管理サービスを導入できることが強みであるので、脆弱性を効果的に管理するための時間、セキュリティ人員が不足する企業ユーザー様に対して大きなニーズがあるものと確信しております。また、多くの企業に、当該サービスの導入が進むことで、セキュリティに対するコンプライアンス強化が実現されることを期待しております。」

 

 ※エフセキュアは、無作為攻撃型ランサムウェア感染から高度なサイバー攻撃まで、あらゆるデジタル社会におけるサイバー攻撃の脅威から企業や個人ユーザーを守り続けている、30年近い経験を持つセキュリティ分野のリーディングカンパニーです。その包括的な一連のサービスと数多くの受賞歴を誇る製品は、革新的な特許技術と、洗練された脅威対策の知見を駆使して、数多くの企業や人々を保護しています。エフセキュアは、他のどの企業をも凌ぐ多数のセキュリティエキスパートを擁しており、ヨーロッパのサイバー犯罪現場の調査にも参加・協力しています。エフセキュアの製品は、200以上の通信事業者や数千社のパートナーによって世界中で販売されています。

 エフセキュアは、1988年に創業し、NASDAQ OMX Helsinki Ltd. に上場しています。日本法人であるエフセキュア株式会社は、エフセキュア100%出資の現地法人として1999年に設立され、順調に企業規模を拡大しています。

 

■本サービスの詳細は以下よりご覧いただけます。

https://bs.digitalhearts.com/sectest/

 

【本件サービスに関する問い合わせ先】

株式会社デジタルハーツ BS事業本部 長谷川

電話:03-5308-1151(月~金:9時半~18時半/土日祝:休日)

E-mail:bs@digitalhearts.com

 

【本件に関する問い合わせ先】

株式会社デジタルハーツ 事業推進本部 高橋

電話:03-3379-2053 

 

(※) 各社の会社名、サービス・製品名は各社の商標または登録商標です。

news

ニュース

プライバシーポリシー | サイトポリシー